卒業発表の大本命こじはる、AKB卒業見送り「こんなんじゃ発表しません」??

      2014/09/08

AKB48が20日、東京ドームで『するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?』最終日公演を行い、卒業発表を本命視されていた小嶋陽菜(26)が「今回は知らない間にこういうタイトルになったので、私はこんなんじゃ発表しません!」と今回も見送った。

アンコールで新曲「心のプラカード」を歌唱後、高橋みなみ(23)が勢揃いしたメンバーの前で「この場を借りて、聞きたいことがある。みんな気になってると思う。今回のタイトルですよ。はっきりさせよう」と切り出した。さらに、「大本命は小嶋さんですよ」と追及されたこじはるは「うーん、そうですね…」と濁し、4万2000人が固唾をのんで次の言葉を待った。

すると「私はAKB48が大好きなので、タイミングがあればということで。今回は知らない間にこういうタイトルになったので、私はこんなんじゃ発表しません!」ときっぱり断言。笑いとともに、大歓声が沸き起こった。

卒業発表の大本命こじはる、AKB卒業見送り「こんなんじゃ発表しません」??

こじはる、ドッキリ発言釈明「卒業しようと思ったことは事実」

AKB48の小嶋陽菜が3日、東京・六本木で行われたドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』(4日全国公開)の前夜祭舞台あいさつに登壇。
『第6回AKB48選抜総選挙』で卒業をにおわせた“ドッキリ”発言について「間とかも自分で考えて練習しました」と笑顔をみせた。

AKBの活動の1年半を追った本作では、先月7日に行われたばかりの総選挙にも密着。「私、小嶋陽菜はここで卒業発表しようと思いましたが、しませ~ん!」発言で、メンバーと7万人の観客を驚かせ、沸かせたこじはるは「卒業しようと思ったことは事実。総選挙当日の1~2週間前に(卒業)しないと決めて、そのときから、“しません”って言ってやろうと思って」としてやったりの笑顔を浮かべた。

総選挙当日も「わざと楽屋のみんなが通るようなところでスタッフさんに聞いてもらっていた」とリハーサルしていたことも告白。「メンバーは忙しいから見てくれなかったんですけど、いつも仲のいいスタッフさんが、“え、小嶋うそでしょ?”って1人だけ騙されてくれた」と笑わせた。

同期の高橋みなみから「悪いやつだな、ほんとに…。一番謝らなきゃいけないのは、(泣き顔がアップで映された)みぃちゃん(峯岸みなみ)やで」とあきれ顔で指摘されるも、「いい表情いただけてよかった」といたずらっぽく微笑んだ。

引用元
ORICON STYLE
ネタりか

 - 国内エンタメ