真相はいかに?佐々木主浩、長女の継母告発に榎本加奈子をかばう“意味不明”の弁明

   

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 本日発売の写真週刊誌「FLASH」(光文社)が発売中止に。これまで雑誌業界で回収騒ぎはいくつかあったが、多くは皇室関連や出版差し止めなど裁判沙汰が原因。しかし今回はセックス絡み(笑)。しかも海外セレブの流失ものということでもちろん無許可。これが米国などで裁判沙汰になれば、それこそ、目玉が飛び出るくらいの賠償金は必死だ。しかし、そうなることは事前にわかっていたはず。チエック体制はどうなっていたのだろう。

第236回(9/5~9発売号より)

1位「佐々木主浩 娘の“号泣告白”に反論 『そんな親どこにいますか!?』」(「週刊女性」9月23日号)
2位「悠仁さま『僕、戦争のことをもっと知りたい!』」(「女性自身」9月23日号)
3位「“不屈の魂”育んだ『ドSメントレ』と『婚約者からの結婚条件』」(「女性自身」9月23日号)

 「週刊文春」(文藝春秋)がスクープした佐々木主浩・長女(22)の告白は確かに衝撃的だった。佐々木が榎本加奈子と再婚したことが契機となり、引き取った子どもたちを襲った悲劇。中学生の時はテーブルに置いてある1,000円でお昼と夜ご飯を買う生活。ある時「お弁当を作ってほしい」と継母の榎本に頼むと、弁当箱には豆腐が一丁としょうゆだけ。会話もなく、買い物や食事にも一緒に行ったことがない。話しかけても「シッシッ」と手で振り払われ、祖父母の元に逃げていたこともあったという。しかも、榎本は高校のお金も出したくないと言ったり、一緒に住むことも拒否したり、はたまた「風俗で働けば」と暴言を吐いたり。家を出された長女は、今年になってお気に入りの写真を取りに家に入ったら、不法侵入で警察沙汰にされてしまったのだという。

 確かにこれではネグレストと言われても仕方がない深刻な事態だ。佐々木が榎本と再婚したのは、長女が12歳の時のこと。しかもこうした佐々木家の内情は、榎本との再婚当時から一部で報道されていたが、実際に長女自身が告白したというのだから、事態は深刻だ。

 そして「週女」である。この報道を受けて、果敢にも佐々木家に突撃したのだ。佐々木は、「週女」記者の質問に結構きちんと答えていた。「僕の責任です」。そりゃそうだろう。しかし具体的なことを質問すると様子が一変したという。

 「風俗で働けば」と言ったのは、長女の方が先に「風俗で働いてやる」と言ったので、そんなことしたら勘当だと言った。長女がブログで榎本への不満を書いたことがきっかけで親子関係が壊れたことなどを語っているのだが、やはり違和感は拭えない。

 何しろ佐々木は自分の責任には言及するが、榎本に関しては「加奈子は関係ない」「ショックを受けています」と一貫してかばっているのだ。でも誰が考えても「関係ない」はずはない。先の佐世保高1女子殺人事件でも、母親が死亡した直後の父親の再婚がその要因として取り沙汰されてもいる。親の死別や離婚、再婚は子どもの気持ちを熟慮しなければ、大きな傷になる。それを「関係ない」と言い切ってしまう佐々木に、問題の本質が見えるからだ。あーあ。相当に榎本にやられてる。子どもよりも榎本を断然優先。

 そんな佐々木の本音が浮き上がる。しかも娘が家に入っただけで警察に被害届けをだしたことに対しても、「お灸をすえるつもりでした」として「なぜそうなったかを考えず、恨みとして受け取られちゃった」「こうして(社会の)厳しさを教えようとして」などと弁明するのだ。全然意味不明。長女が家に入ることを榎本が嫌がったとしか思えないし、もし長女側にも何らかの意図があったとしても、それはないでしょ、と思うことばかり。

 突然の直撃だからこそ、佐々木の“本音”と“本性”を引き出したナイスな記事となっている。もし反論激白2時間! なんてなれば、都合のいいように改ざんされちゃう可能性が高いが、今回のような直撃では、それはできないからね。

 しかし気になるのは佐々木の長女に対するこの言葉。

「目を覚ますのはあなたです、と言いたい。彼女が言っていること、ひとつひとつに反論できますから」

 マジでどこかに反論するつもりなのか、この親父。なんだか大沢樹生の騒動まで彷彿とさせる(息子が当初大沢を告発したのも『文春』だったし。再婚を機に問題が噴出したところも同じ)。佐々木は、決して人は悪くないとは思うが、私生活においては優柔不断っぽいものね。スタープロ野球選手が榎本という若い女優に出会って、メロメロになって周りが見えなくなった――。完全に尻に敷かれている様が手に取るように浮かんでくるが、やはり犠牲になるのは子どもたち。有名人、芸能人にありがちな家庭内トラブルだが、「娘には虚言癖が」なんて弁明だけはしてほしくないと、心から願うばかりだ。
 
 都内で行われた『対馬丸殉難70年・鎮魂と平和への祈り』の式典に8歳の悠仁さまが出席された。対馬丸殉難とは昭和19年疎開する子どもたちを多く乗せ、沖縄から長崎へと向かっていた対馬丸が、アメリカの魚雷攻撃で沈没させれ、学童を含む約1,500人が犠牲となった事件。この式典に母上の紀子さまが「社会勉強のために」と悠仁さまを同席させたのだ。しかも悠仁さまは沖縄や対馬丸について関心があり、「もっと知りたい」と言っているのだという。

 すごい8歳児である。しかも対馬丸についての絵本の原画の前で足をとめた悠仁さまは、「この絵本を作った方にお会いしたいのですが」とおっしゃったらしい。戦争の悲劇に向き合う8歳。しかも戦争責任に関し、いまだ議論が残る昭和天皇は、悠仁さまのひいおじいちゃまでもある。関係者は一様に感動したというが、それも無理はないだろう。さらに昨年には悠仁さまは初めて沖縄を訪れ、「平和の礎」を訪問された。秋篠宮家の戦争教育は、なかなか進歩的でもあるようだ。

 しかし記事には気になる記述が。「一部の記者からは“平和教育”があまりに早すぎるのでは? 秋篠宮家は何を焦っておられるのか?」という声が上がったという。どこぞのタカ派メディアの記者だろうが、戦争をそして平和を理解しようとする8歳に、チャチャを入れるな!

 最近は典子さまの結婚、そしてお姉様の承子さまのデート・合コンなど、これまでの皇室とはちょっと違い、トンでる(というか普通の)話題も多い。悠仁さまももっと戦争やいろんなことを知って、デートして、フラれて、また恋をして――それが普通に報じられる時代を作ってほしい。そんな期待を抱いてしまう悠仁さま皇室記事であった。

 錦織圭、全米オープン準優勝! 快挙である。日本はこのニュースに沸き立った。なんてさわやかで明るい話題だ。そんな圭くんには昨年発覚した婚約者がいる。ちょっと残念だが、仕方ない。元新体操の選手で、スポーツ科学を学んだ才女で、錦織をサポートして周囲からも絶大な信頼を得ているという。

 だが、彼女からの結婚の条件が「自身」に記されていて驚いた。

「4大大会優勝」

 うーん残念。もう一歩。でもいいでしょ。今回の準優勝で許してあげて。

※画像は「週刊女性」9月23日号より

著作権は株式会社サイゾーに属します。
© 2014 CYZO Inc. All rights reserved.

 - 国内エンタメ