錦織圭、彼女で婚約者の坪井保菜美さんと結婚間近!?相手の実家の両親に挨拶済み!?

      2014/09/13

テニスの4大メジャー大会全米オープンで錦織圭選手(24)が世界を沸かせている。そんな彼の“不屈の魂”を支える人物がいた。錦織の婚約者で元新体操選手の坪井保菜美さん(25)だ。

9月4日、全米オープンベスト4をかけた準々決勝の観客席には、白のサマーニットにショートパンツ姿の保菜美さんの姿があった。傍らには錦織の母・恵理さん(54)も。彼女は“家族席”から快挙の瞬間を見守っていた。

錦織と保菜美さんとの交際はすでに3年半以上。昨年9月には錦織選手が彼女を実家に連れて行き、両親に『世界で10位以内に入ったら結婚します』と宣言していたことを本誌はキャッチしている。

「今年は9位にもなりましたから、その目標はすでに達成されました。でも、今の錦織選手は『勝てない選手はいないと思っている』と語っているように、“世界一”に手が届くとろこまで来ています。普通ならすぐにでも結婚したい相手のはず。でも保菜美さんは錦織選手の活躍を最優先し、結婚の約束を棚上げにしたようです」(前出・テニス関係者)

もともと早稲田大学でスポーツ科学を学んでいた保菜美さんは、施設マネージャーのように錦織をサポート。今大会前には、ウォーキングで最終確認を行う彼の後ろに寄り添う姿が目撃されている。

「実は、そんな保菜美さんが2人で決めた新たな結婚の条件は『4大メジャー大会で優勝することにする』というものでした。今まで以上に結婚へのハードルをあげたことになりますが、これに錦織選手も火が付いた。自分を信じてくれた彼女への恩返しのため、彼は気迫のプレーをみせ続けているのです」(前出・テニス関係者)

368421d6

ジャスコ岐阜のジャスコ新体操スクール時代から注目されていた。岐阜大学教育学部附属中学校から済美高等学校に進学したが、北京オリンピック強化指定選手に選ばれた際に、練習拠点を千葉県に移動する。そのため高校2年進級時に千葉県立千葉大宮高等学校へ転校する。高校卒業後は早稲田大学スポーツ科学部に進学。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%AA%E4%BA%95

2012年11月の交際発覚時のニュース
錦織に新しい恋人の存在が発覚した。相手は新体操団体の北京五輪代表選手だった坪井保菜美さん。ともに北京五輪代表で、スポーツで通じ合ったさわやかなカップル。 テニス界ではすでに公然の交際で、坪井さんもテニス界での友人は多い。錦織の父清志さんは 「もう大人ですから恋人がいても当たり前。温かく見守っています」と話した。

2年ほど前からひそかに交際を続けてきたという。錦織は08年、やはり同じ五輪代表で卓球の福原愛との「手つなぎデート」を写真週刊誌に撮られた。

121130_01

坪井保菜美(つぼいほなみ、1989年4月5日 – )は、岐阜県出身の新体操選手。2008年北京オリンピック代表(新体操団体)。身長167 cm、体重45 kg。

ジャスコ岐阜のジャスコ新体操スクール時代から注目されていた。岐阜大学教育学部附属中学校から済美高等学校に進学したが、北京オリンピック強化指定選手に選ばれた際に、練習拠点を千葉県に移動する。そのため高校2年進級時に千葉県立千葉大宮高等学校へ転校する。高校卒業後は早稲田大学スポーツ科学部に進学。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%AA%E4%BA%95

2012年11月の交際発覚時のニュース
錦織に新しい恋人の存在が発覚した。相手は新体操団体の北京五輪代表選手だった坪井保菜美さん。ともに北京五輪代表で、スポーツで通じ合ったさわやかなカップル。 テニス界ではすでに公然の交際で、坪井さんもテニス界での友人は多い。錦織の父清志さんは 「もう大人ですから恋人がいても当たり前。温かく見守っています」と話した。

no title

 

全米2位・錦織圭の元恋人・福原愛 復縁を願っていると知人語る

テニス全米オープン準優勝という快挙を成し遂げた錦織圭(24才)をサポートしているのが、“婚約者”である北京五輪の新体操日本代表で“フェアリージャパン”の一員として活躍した坪井保菜美さん(25才)だ。

早稲田大学でスポーツ科学を専攻していた坪井さんは、リハビリ方法について錦織にアドバイスをしたり、栄養学を学んで健康管理をサポートしたという。

2013年に入ると、錦織の日本国内のツアーには必ず坪井さんが同行し、試合会場には坪井さんの両親も観戦に訪れるようになった。

「最近では、試合後の滞在ホテルで、錦織選手と彼の両親、坪井さんという4人で過ごすこともあって、松江の錦織の実家に彼と一緒に帰ることもあるそうです。すでに両家公認の仲であることは間違いなく、結婚も近いとみられています」(スポーツ紙記者)

プロテニス選手の生活は過酷の一言で、それを支える妻も生半可な覚悟ではつとまらない。なにしろ彼らは、一年中、世界各地のツアーを回るため、定住地はなく、ほとんどホテル暮らしである。錦織の場合、生活基盤はフロリダにあるものの、そこで過ごせる時間はごくわずか。

「例えば、メジャーリーガーの妻も大変だといわれていますが、移動はほぼアメリカ国内だけです。テニス選手の場合、生活習慣が異なる全世界を舞台に、妻は 食事をはじめとする健康管理、さらにメンタル面のケアをしなければならないのですから、本当に大変です。でも、坪井さんは今回の全米オープンでも会場で声 援を送っていたように、すでに海外ツアーのほぼ全てに同行しており、テニス選手の妻として生きていく覚悟は、充分にできていると思われます」(前出・ス ポーツ紙記者)

錦織との交際について、岐阜市内にある坪井さんの実家を訪れると、母親は嬉しそうな笑顔を浮かべながらこう話してくれた。

「ふたりのおつきあいはとっても順調で、本当に気の合う恋人同士だそうです。ただ、お互い普通の男女だし、彼もまだ若いでしょう。先のことはわからないですよ」

今年の錦織は、4月のバルセロナオープンの優勝賞金1億9000万円に加え、全米オープンの準優勝賞金1億5200万円、契約企業からの特別ボーナス、さらにはユニクロなどのCM収入も大幅アップが見込まれており、年収は10億円の大台を超えるといわれている。

人柄もよく、これだけ稼いでくれる男が婿になってくれるとなれば、不満を持つ母親はいないだろう。

一方で、こんな順風満帆のカップルを、複雑な思いで見つめている女性もいる。錦織の元カノである卓球の福原愛選手(25才)だ。

「彼女は、錦織選手と別れた後もメル友で、ずっと連絡は取り合っているようです。というのも、彼女が錦織選手に未練タラタラで、別れた後に彼がこんな国民 的スターになって、その傍らには新恋人がいるっていうのが、おもしろくないんです。“なんであの人と…”って愚痴っていたこともあって、心の底では彼女と 別れて、自分と復縁してほしいと思っているようです(苦笑)」(福原の知人)

※女性セブン2014年9月25日号

 - 国内エンタメ, 国内ニュース