全米2位・錦織圭の元恋人・福原愛 復縁を願っていると知人語る

   

テニス全米オープン準優勝という快挙を成し遂げた錦織圭(24才)をサポートしているのが、“婚約者”である北京五輪の新体操日本代表で“フェアリージャパン”の一員として活躍した坪井保菜美さん(25才)だ。

早稲田大学でスポーツ科学を専攻していた坪井さんは、リハビリ方法について錦織にアドバイスをしたり、栄養学を学んで健康管理をサポートしたという。

2013年に入ると、錦織の日本国内のツアーには必ず坪井さんが同行し、試合会場には坪井さんの両親も観戦に訪れるようになった。

「最近では、試合後の滞在ホテルで、錦織選手と彼の両親、坪井さんという4人で過ごすこともあって、松江の錦織の実家に彼と一緒に帰ることもあるそうです。すでに両家公認の仲であることは間違いなく、結婚も近いとみられています」(スポーツ紙記者)

プロテニス選手の生活は過酷の一言で、それを支える妻も生半可な覚悟ではつとまらない。なにしろ彼らは、一年中、世界各地のツアーを回るため、定住地はなく、ほとんどホテル暮らしである。錦織の場合、生活基盤はフロリダにあるものの、そこで過ごせる時間はごくわずか。

「例えば、メジャーリーガーの妻も大変だといわれていますが、移動はほぼアメリカ国内だけです。テニス選手の場合、生活習慣が異なる全世界を舞台に、妻は 食事をはじめとする健康管理、さらにメンタル面のケアをしなければならないのですから、本当に大変です。でも、坪井さんは今回の全米オープンでも会場で声 援を送っていたように、すでに海外ツアーのほぼ全てに同行しており、テニス選手の妻として生きていく覚悟は、充分にできていると思われます」(前出・ス ポーツ紙記者)

錦織との交際について、岐阜市内にある坪井さんの実家を訪れると、母親は嬉しそうな笑顔を浮かべながらこう話してくれた。

「ふたりのおつきあいはとっても順調で、本当に気の合う恋人同士だそうです。ただ、お互い普通の男女だし、彼もまだ若いでしょう。先のことはわからないですよ」

今年の錦織は、4月のバルセロナオープンの優勝賞金1億9000万円に加え、全米オープンの準優勝賞金1億5200万円、契約企業からの特別ボーナス、さらにはユニクロなどのCM収入も大幅アップが見込まれており、年収は10億円の大台を超えるといわれている。

人柄もよく、これだけ稼いでくれる男が婿になってくれるとなれば、不満を持つ母親はいないだろう。

一方で、こんな順風満帆のカップルを、複雑な思いで見つめている女性もいる。錦織の元カノである卓球の福原愛選手(25才)だ。

「彼女は、錦織選手と別れた後もメル友で、ずっと連絡は取り合っているようです。というのも、彼女が錦織選手に未練タラタラで、別れた後に彼がこんな国民 的スターになって、その傍らには新恋人がいるっていうのが、おもしろくないんです。“なんであの人と…”って愚痴っていたこともあって、心の底では彼女と 別れて、自分と復縁してほしいと思っているようです(苦笑)」(福原の知人)

※女性セブン2014年9月25日号

福原愛、宮里美香… 錦織圭の過去の恋人と現在意識する女性

日本人初となる全米オープンでの準優勝という偉業を成し遂げた錦織圭(24才)が、プロデビューしたのは2007年、17才のときだった。

それから4か月後の2008年2月、ATP(男子プロテニス協会)ツアーで初優勝を果たす。日本人としては松岡修造(46才)以来、2人目の快挙だった。

さらに、2008年の全米オープンでベスト16、2009年にはATPツアー新人賞獲得と、破竹の勢いで快進撃を続けた錦織だが、その陰には、家族や コーチ以外にも、彼の支えとなる人物がいた。それが、恋人の存在である。実は錦織、これまで彼女が途切れたことがないというほど“超モテ男”なのだ。

「(米・フロリダの超名門テニススクールの)IMGアカデミーに留学していた時も、新人の子が入って、洗濯の手順がわからずにいると、まっ先に声をかけて自分の洗濯機を貸してあげていました。そんな素朴さに惹かれる女性が、後を絶たないんです」(錦織の知人)

そんな錦織だが、2008年12月、卓球の福原愛(25才)との熱愛が『フライデー』で報じられ、世間を仰天させたのは記憶に新しい。

「ふたりの出会いは、その年の夏の北京五輪です。選手村で福原さんと同室だったテニスの杉山愛さん(39才)が、ふたりを引き合わせたのがきっかけでした」(前出・テニス関係者)

このときはJR原宿駅のホームで人目をはばからずキスする写真まで撮られ、トップアスリート同士のアツすぎる現場に国民は大きな関心を寄せた。だが、お互いに世界を転々とする多忙な生活ですれ違いが生じ、2009年春には破局してしまう。

次に錦織のお相手として報じられたのが、錦織と同じように世界を舞台に戦う同い年の女子プロゴルファー・宮里美香(24才)だった。宮里が錦織と同じフ ロリダの『IMGゴルフアカデミー』に通っていたこともあり、ふたりは心を通わせるようになったという。だが、この恋もほどなくして終わりを迎えている。

そして、その次に現れた女性こそ、彼が結婚を意識する“婚約者”だった。その女性は、北京五輪の新体操日本代表で、“フェアリージャパン”の一員として活躍した坪井保菜美さん(25才)。2011年春に共通の知人の紹介で知り合ったという。

「当時、錦織選手は2010年に手術した右肘のリハビリ中でしたが、回復が遅れ、“いつ復帰できるのか…”という不安にさいなまれていました。そんな彼の 支えになったのが坪井さんだったんです。早稲田大学でスポーツ科学を専攻していた彼女は、リハビリ方法についてアドバイスしたり、栄養学を学んで彼の健康 管理をサポートしたそうです。また彼女は現在、ヨガのインストラクターをしているんですが、彼の体質を変える手助けになればとヨガを教えたこともあったよ うです」(前出・錦織の知人)

先の見えないリハビリで気持ちが沈みがちだった錦織は、彼女の献身的な支えに心打たれ、自然と交際がスタートしたのだという。

※女性セブン2014年9月25日号

錦織圭と福原愛の復縁 「100%ないでしょう」と関係者証言

テニスの世界ランキングで24位と日本男子最高位を更新した錦織圭(21)だが、2009年には人気卓球選手の福原愛との交際→破局報道もあった。その後はどうなっているのだろう?

「錦織の拠点はアメリカ。世界各地のツアーを転戦する忙しい生活だし復縁は100%ないでしょう(笑い)」(スポーツジャーナリスト)

今後の錦織について、日本テニス協会ナショナルチームのコーチ・増田健太郎氏は語る。

「ボールを正確に捉える能力が高く、スピード、爆発力も世界トップレベル。後は試合の流れを読んだり、体力を効率的に使ったりできるようになれば、世界ランクトップ10入りも夢ではない」

※週刊ポスト2011年11月25日号

 - 国内エンタメ