急降下で引退も、仕事減?“落書き”江角マキコ 急転謝罪もう1つの理由

   

落書き報道”以降、沈黙を貫いてきた女優の江角マキコ(47)が9日、自身のブログで騒動について突如謝罪した。深刻なイメージダウンを招いてしまい、そ の窮地を逃れるためだが、もう一つ別の理由があった。レギュラー出演するフジテレビ系「バイキング」の江角続投が決まる一方、“犬猿の仲”と噂されるビッ グダディこと林下清志(49)の降板が決定。今後「江角がダディをクビにした」という議論になりかねず、その前に事態の収束を図る必要があったという。

江角は先月28日発売の「週刊文春」で、元マネジャーに指示して元プロ野球巨人選手でタレントの長嶋一茂(48)の自宅に「バカ息子」と落書きさせたと大々的に報じられた。

だが、当の江角はこの問題を完全スルー。2日放送の「バイキング」では、ほかのレギュラー陣が大阪に移動して放送を行うなか、江角だけが大阪行きを拒み、東京のスタジオから生出演した。これがマスコミを避けるための苦肉の策だったことは本紙既報通りだ。

そんな江角が9日夜になって突如、ブログで謝罪した。

「先日来、一部週刊誌等の報道により、様々な関係者の皆様に大変なご迷惑とご心配をお掛け致しましたことを、心より深くお詫び申し上げます」

ある芸能プロ幹部は「あの一件以降、好感度の高いタレントだった江角さんのイメージは急降下。彼女を起用するCMスポンサーは事実確認に走り、次回の契 約更新を控える社も出てきそうな気配だった。さすがの江角さんも騒動を収束させるため、説明せざるを得ない状況に追い込まれた」とみている。

とはいえ、ブログの中身を見ると“自分も被害者”と言わんばかりの内容だ。「私自身、週刊誌でこの件を初めて知った次第」と寝耳に水だったとした上で 「その後、元マネージャーから私に対し、このような事態をおこして迷惑をかけたとして謝罪の連絡がありました」と明かした。

続けて「これ以上のご迷惑をお掛けしないよう、また、現在も心療内科で治療中の元マネージャーや私の子供たちへの配慮」のため、詳しい説明は「差し控えさせていただく」とした。

これには業界関係者から「要はマネジャーの“単独犯”で、しかも『精神的におかしい』という言い分。長年面倒を見てくれたマネジャーに対して失礼。反省しているようで、していませんよ」と批判の声が上がった。

このタイミングで幕引きを狙ったのは別の事情もある。「バイキング」で同じ火曜レギュラーだったビッグダディが9月いっぱいで降板することが決まったのだ。

江角は過去に番組内で、酔っ払って公園で寝たダディを犯罪者呼ばわりしたり「あなたはテレビに出るべき人ではありません!」と罵倒。ダディを生理的に嫌っていたことは業界では有名な話だ。

テレビ関係者は「落書き報道以来、江角さんには傲慢なイメージが浸透してしまった。しかも彼女の夫はフジテレビ勤務。ダディ降板に彼女の意向が働いたと は考えられないが、正式発表された時、世間は『江角が嫌いなダディを排除した』と見てしまう。ネットの大炎上は確実で、そうなる前に騒動に区切りをつけ、 少しでもイメージを回復しておく必要があったのでは」と推測する。

誤解を生まないためにも、やはり江角本人が出てきて説明する必要があるのではないか。

東スポWEBより

関連 江角マキコ“落書き事件”に長嶋氏が介入 一茂に事聴取

元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(48)邸への“落書き事件”は、女優・江角マキコ(47)の元マネジャーX氏が警察の事情聴取を受けるなど、鎮火 の兆しを見せるどころか、拡大の一途をたどっている。この異常事態に、被害に遭った一茂家族のことを心底気にかけていた人物がいた。一茂の父、ミスターこ と長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督(78)だ。国民栄誉賞を受賞した国民的ヒーローまでもが今回の騒動に巻き込まれた格好だ。しかもミスターが息子・一茂に対 して“事情聴取”を行っていたことが、本紙の取材でわかった。

先月28日発売の「週刊文春」で報じられた落書き事件。一茂の家族とトラブルを抱えていた江角が、復讐心から当時のマネジャーX氏に10万円の“報酬”を渡し、一茂邸に「バカ息子」などと落書きするよう指示したと報じられた。

しばらく沈黙を保っていた江角だが、9日夜に自身のブログで「先日来、一部週刊誌等の報道により、様々な関係者の皆様に大変なご迷惑とご心配をお掛け致 しましたことを、心より深くお詫び申し上げます」と謝罪。江角本人は週刊誌報道があるまで知らなかったと主張した上で“実行犯”のX氏は心療内科で治療中 とも明かした。

だが本紙昨報通り、警察はすでにX氏に事情聴取を行ったという。フジテレビは11日、警視庁の事情聴取に対し、X氏は「落書きは、江角さんがかわいそうで、江角さんの指示ではなく自分が勝手にやりました」と供述したと報じた。

だが騒動はさらに拡大。自分の息子が世間の関心を集める今回の事件の当事者(被害者)とあって、さすがのミスターも気にかけていたという。

「『文春』に落書き事件が報じられた後、心配したミスターから一茂のもとに連絡があり、詳しい事情を聴かれたと聞いています。一茂も父親に説明せざるを得 なかったとか。一茂は被害者の立場とはいえ、周囲はもちろん、ミスターにまでも予想外の出来事で心配をかけるハメとなり、さすがに『今回は参りました…』 と困惑の様子を隠せないようです」と芸能プロマネジャー。

ただ、さすがミスターの息子と言うべきか、一茂は基本的に天真らんまんでサービス精神旺盛な性格をしている。ほぼ新築状態の自宅にスプレーで落書き、そ れも「バカ息子」などと自分をやゆするかのような文言を書かれただけに、もっと怒ってもよさそうなものだが、被害に関しては意外にあっけらかんとしたもの だという。

「騒動が発覚した後も、一茂は普通に仕事をこなしています。ある番組収録中には『最近プライベートがいろいろと大変で…』などとやり、スタジオ中から大爆 笑を取っていたそうです。さすがに詳細については語りませんが、今の一茂の状況ならばこのひと言だけで全員が分かりますからね」とテレビ局関係者。

一茂が意図して笑いを取っていたかは不明だが、この一茂の対応を聞いたテレビマンたちの間で評価は急上昇。

「いま最も旬な人物の一茂さんが、軽く落書き騒動に触れてくれるだけでもおもしろい。バラエティー番組では実際に番組企画会議で一茂の出演を推したいという人が増えているみたいです」と前出関係者。

ミスターをも巻き込んだ落書き事件。江角がブログで謝罪したくらいでは収まらない? まだまだ一波乱も二波乱もありそうだ。

東スポWEB

「江角はウソをついている」業界内から猛反発の声

タレントの長嶋一茂(48)邸への“落書き事件”について釈明した女優・江角マキコ(47)に逆風が吹き荒れている。落書き行為は元マネジャーX氏による単独犯と江角は主張しているが、X氏をよく知る業界関係者からは「彼がそんなことをするはずがない!」の大合唱だ。

X氏を知る業界関係者は一斉に猛反発した。

「20代後半のX氏は九州男児で、学生時代は生徒会長も務めていたそう。明るく仕事熱心で、たまに調子に乗るところはあるが、精神的におかしな部分は一切なかった。心療内科で治療していたなんて初耳。江角さんはうそをついている。デッチ上げだ!」

ただ、事情を知る別の関係者によると「X氏は文春の取材に応じたことで騒動が報じられ、江角さんを“巻き込んでしまった”という負い目がある。江角さん側とは善後策を話し合ったようだし、今後も彼女の名前は出さないのでは」。

長嶋家の被害届提出とX氏への聴取で騒動はついに事件化。所轄警察署は本紙の取材に「被害届は現時点で取り下げられていないので、捜査は継続中。被疑者(X氏)は、1度事情聴取し、容疑を認めている。器物損壊容疑での立件を念頭に置いている」とコメントした。

指示したと報じられた江角の関与も疑われるが、現時点で「供述で彼女の名前は出ていない」。ただ、一連の報道もあり「今後江角さんから事情を聴くことは、ないとは言い切れない」と含みを持たせた。

日大名誉教授(刑法)の板倉宏氏は「万が一、今後の事情聴取で江角さんの関与が証明されれば、共謀共同正犯で、彼女も共犯者ということになります」と話す。器物損壊罪は3年以下の懲役、または30万円以下の罰金刑に処される。

X氏が勤める所属事務所は「相手方もいることなので、現段階で具体的なコメントは差し控えさせていただきます」とした。

 - 国内エンタメ, 芸能