「乃木坂46」松村沙友理の不倫・路チュー騒動“ナンパ”した男の評判と場所

   

軽率なことをしたと後悔しています」??生出演したラジオ番組「レコメン!」(文化放送8日午後10時から)で、「週刊文春」(同日発売)で報じられた「熱烈路チュー&不倫」について泣きながらファン、相手家族、関係者に謝罪した乃木坂46の松村沙友理(22)。デートしたこととキスをしたことは認めながらも、相手の妻子ある大手出版社勤務30代男性との出会いは仕事ではなく、街中でのナンパだったと明かし、「向こうの方に家庭があることも知りませんでした」「男女の仲というのはありません」と釈明した。

 関係者によれば、ナンパ場所は新宿の紀伊国屋書店のマンガコーナーだったという。既婚者が書店で若い女性をナンパとはなんとも大胆だが、ついて行ったのが現役アイドルというのも珍しい。

 男性の素顔を知る関係者は「仕事はできる方だが、風貌は貧弱で一部から“へナチョコ”とからかわれている。モテるタイプには思えないが、大手出版社という看板もあり、かなりの頻度で合コンをしているので、社内でも『アイツは調子に乗ってる』と陰口を叩く者もいますね」。

 一緒にパーソナリティーを務めたメンバー生駒里奈(18)は松村を「おバカちゃん」としたものの「ずっと仲間でやってきた。すべて支えるし、守ろうと思う」と語ったが、松村の“処分”は未定だという。

東スポWEBより

 - 国内エンタメ