“路チュー不倫”熱愛報道の乃木坂46・松村沙友理の不倫相手の男性が判明

   

画像あり!ネットパワー恐るべし!不倫相手が判明!松村沙友理の不倫相手の男性の名前・写真が流出

「週刊文春」(文藝春秋)で、集英社に勤務する編集者・S氏との“路チュー不倫”を報じられた乃木坂46の松村沙友理が、同日22時からのラジオ『レコメン!』(文化放送)に生出演し、涙ながらに謝罪した。

ネットで、不倫相手は集英社の「佐井慶英」さんと特定されています。

相手方の男性は、集英社が発行する『ヤングジャンプ』の元編集者で、現在は同社の別部署につとめているという。
(中略)
本宮ひろ志先生の『幕末紅蓮隊』の担当をしていました。 若いながらも敏腕として知られていた」(週刊誌記者)

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手の写真画像

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

<本宮ひろ志>幕末を舞台にヤンジャンで新連載
「俺の空」「サラリーマン金太郎」などで知られる本宮ひろ志さんの新作マンガ「幕末紅蓮隊」が、13日発売の週刊ヤングジャンプ(集英社)28号で始まった。
◇ヤングジャンプ編集部 佐井慶英さん

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手との路チュー&デート写真

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手
http://meisablog.jugem.jp/?eid=129

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫相手

乃木坂46・松村沙友理の不倫騒動の一連

乃木坂46の松村沙友理(22)が、自身の不倫報道について涙で謝罪、説明した。文化放送のラジオ番組「レコメン!」の生放送に出演した。

この日発売の「週刊文春」で、集英社に務める妻子ある編集者と複数回デートし、松村の自宅の前で抱き合ってキスする様子などをキャッチされていた。

番組中盤、生駒里奈(18)から「ここで、松村沙友理からみなさんにお伝えすることがあります」と促され、松村 は
「まず、ここでお時間いただけたこと、本当にありがとうございます。乃木坂の松村沙友理です」
と切り出し、話し 出した。

「あの、もう、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、今週発売の週刊誌に、私の記事が掲載されます。うう…。 書かれていることは、本当に、事実じゃないことも多くて、私も本当にその記事を読んで驚いています。(深呼吸)こ の件で、本当に、ファンのみなさま、メンバー、関係者のみなさまに、私の軽率な行動でご迷惑をおかけしたことを申 し訳なく思っています。本当にすみませんでした」

さらに、編集者との出会いの経緯も明かした。

「この記事に書かれている相手の方は、全然、お仕事で知り合った方ではなくて、私が、いろいろと悩んでいる煮詰 まってしまっている時に、町中で声をかけられて…。普段なら、本当に絶対あり得ないんですけど、その時はお食事に 行きました。会話の内容の大半はアニメとか漫画の趣味の話ばかりで、男女の仲っていう感じでは本当に全くありません」

また、「路チュー」写真についても、泣きながら説明した。

「この記事に掲載されている、写真を撮られた日は、私がすごい悩んでいて、飲み慣れていないお酒にすごい酔って しまい、あらためて写真を見ると、なんてバカなことをしたんだと…自分でも信じられません。本当にすみません」

また、編集者に妻子があることについても言及した。

「実は、その方とお会いするときは、いろいろと隠して、偽名を使っていて、相手の方もあまり知らないで、向こう の方に家庭があることも知りませんでした。ですが、今となっては、このような記事が出てしまい、相手のご家族の方 にも、不快な思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思っています。私も、相手の方も、お互いのことをほとんど知ら
ないで、趣味の話をするお友達のような認識だったので、私自身が本当に…軽率なことをしたと、後悔しています」

最後に、あらためて謝罪した。

「この件で、多くのみなさんに、ご迷惑をおかけしたことを、おわびいたします。本当にすみませんでした、今はも う、本当に、申し訳ないという気持ちでいっぱいです」

松村は11年8月に加入した乃木坂46の1期生。これまで発売されたシングル全てで選抜メンバー入りしている中心メンバーだ。アニメ好きとして知られており、ファンからは「さゆりん」「さゆりんご」などの愛称で親しまれている。必殺技は「さゆりんごパンチ」。

日刊スポーツ

乃木坂46・松村沙友理の不倫現場写真23枚を公開した「週刊文春」に、ファンからも称賛の声

同誌に掲載されたのは“路チュー写真”や、2人が腕を組んで歩く写真など、モノクロでわずか4枚だけだったが、スマホやパソコンで同誌の記事や写真が閲覧できる「週刊文春デジタル」(月額864円)には、なんと23枚ものカラー写真が掲載されている。

 そこには“路チュー写真”をはじめ、飲食店から出てきて楽しそうに手をつないで歩く2人の写真など、松村がラジオで否定した「男女の関係」以外にあり得ないことがうかがえる写真ばかり。さすがに、数々の“証拠”を出されては、松村のファンも事実を認めざるを得なかったようだ。

『数あるスキャンダル写真でも特級品』など、称賛の声が相次いでいる。今回の記事で、デジタル版の加入者がかなり増えたのでは」(出版関係者)
男性は果たしてどうやって落とし前をつけるかが注目される。

「今回は妻子持ちにもかかわらず、アイドルとよろしくやっていた男性にも大いに非がある。8日に集英社の緊急役員会が開かれたというから、大問題に発展。男性のアイドル食いの“前科”を報じているメディアもあるだけに、閑職に異動させられることになりそうだ」(同)

日刊サイゾーより

 - 国内エンタメ , ,