俳優の高倉健さん(本名・小田剛一)さんが、死去

   

映画俳優の高倉健(たかくら・けん、本名・小田剛一)さんが、死去していたことが18日分かった。10日午前3時49分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。83歳。福岡県出身。

FAX全文は以下の通り。

映画俳優 高倉健は、次回作準備中、体調不良により入院、治療を続けておりましたが、容体急変にて11月10日午前3:49都内の病院にて旅立ちました。生ききった安らかな笑顔でございました。

病名 悪性リンパ腫「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」83歳の命を全う致しました。

治療に携わって下さいました病院スタッフの皆様から温かい涙とともにお見送りを戴き、故人の遺志に従い、すでに近親者にて密葬を執り行いました。

これまで、お励まし戴きました皆様、心より深く感謝申し上げます。有難うございました。

今は、お一人おひとりの心の中に宿る故人の笑顔に、静かに祈りを捧げて戴けますことを願っております。

尚、勝手ではございますが、供花、供物などご遠慮させて戴きますこと、あわせてご了承下さいますようお願い申し上げます。

合掌

2014年11月18日

高倉プロモーション

31年に福岡県に生まれ、大学進学のために上京。55年、東映ニューフェイス2期生として入社した。演技経験などは全くなかったが、翌56年に映画「電光空手打ち」で主演デビューした。

 映画スターとしての地位を確立したのは、60年代に入って出演するようになった仁侠映画だった。「網走番外地」「日本侠客伝」「昭和残侠伝」などがシリーズ化され、大ヒット。映画ファンは「健さん」と親しみを込めて呼ぶようになった。

 テレビドラマなどにはほとんど出演せず、自らを「映画俳優」と呼ぶほど。生涯の映画出演作は205本に及ぶ。最後の作品は、12年秋に公開された「あなたへ」(降旗康男監督)。田中裕子(59)が演じた亡き妻の面影をたどり、富山から九州まで自らハンドルを握り、旅をする刑務官を演じ、同年の報知映画賞主演男優賞を受賞した。

高倉健さん悼む声 石原慎太郎氏ら各界から続々

悪性リンパ腫のため10日に亡くなっていた高倉健さんに対して、各界から悼む声が寄せられた。

1999年の映画「鉄道員(ぽっぽや)」で共演したお笑いタレントの志村けんはブログで「どんな言葉でも物足りない」と記し、撮影のため初めて対面した際に「温かい大きな手で握手して よろしくお願いします。 生涯1番緊張して始めてお会いした時 楽屋に 何なりとお申し付け下さい 乙松より 綺麗な花がありました なんと心優しい心使い ありがとうございました」と、その人柄から受けた感動を思い起こした。

 やはり「鉄道員(ぽっぽや)」で共演した大竹しのぶは「美しく、気高く、そして何よりも優しい健さんを一生忘れません。神様みたいな人が、本当の神様になってしまったようです」と深い思いを込めて悼んだ。

 次世代の党最高顧問の石原慎太郎衆院議員はテレビ朝日の取材に対して「最後のビッグスターだった。彼がまだそんなに売れてないとき、あるホテルの地下の駐車場で会った。なんかの映画で3枚目的な役をやっていたので『こんな役をやれる人なんだ』と思って『君、必ずビッグスターになるぞ』と言ったら照れていた。僕の予感通り、独特の雰囲気のあるビッグスターになったね」と思い出話とともにしのんだ。

 89年の映画「あ・うん」で共演した板東英二は「ただただびっくりしています。つい1週間前に、健さんの事務所に直接お伺いし『また仕事が出来るようになりましたので、いつかご一緒させて頂きたいです。お身体をお大事に』というお手紙を預けてきたところでした。いつもご丁寧な方が、お返事が来ずに不思議だと思っていましたが、驚きで声も出ません」と、突然の訃報を驚いた。

 75年の映画「新幹線大爆破」の佐藤純弥監督は「映画がまだ元気だった頃、時代を背負ったスターと共に仕事が出来たことは幸せでした。時の移り変わりは当然のことですが、高倉健さんは決して死なないような気がして、訃報を聞いた時は、一つの時代が終わったことを実感しました」と、その死をすぐには受け入れられないようだった。

 12年秋に公開され高倉健さんの遺作となった映画「あなたへ」の降旗康男監督は、マスコミ各社に宛てたファクスで「残念の一語に尽きる」のひと言に万感の思いを込めた。

 また、高倉健さんの元妻、故江利チエミさんと親しかった歌手の今陽子は、「大恋愛、結婚生活のノロケ話をよく聞かせていただいた…天国で再会できたらいいなぁ~」とブログで2人をしのんだ。

デイリースポーツ

 - 国内エンタメ