R-1決勝進出の外国人は何者なのか?芸歴4ヶ月の米国出身芸人が『R-1』決勝進出

   

“ひとり芸日本一”を決める『東洋水産 R-1ぐらんぷり2015』の決勝進出者発表会見が2日、都内で行われた。個性際立つ芸人がそろうなかでも、特に注目を集めたのは、アメリカ出身のピン芸人・厚切りジェイソン。芸歴わずか4ヶ月で普段はIT系の会社に務めている厚切りジェイソンは、優勝賞金500万円の使い道を「投資するか、自分の会社でも設立しようかと思います」と芸人らしからぬ答えで笑いを誘った。

 1月30日に行われた準決勝では、米国人ならではの特色を活かしたネタで爆笑を取とったこともあり、同じく決勝に駒を進めたとにかく明るい安村、あばれる君、じゅんいちダビッドソン、この日は欠席したNON STYLE石田がこぞってライバルとして名前を挙げた。

 意気込みを聞かれたジェイソンは「勢いだけでやり尽します。以上~!」と雄叫びを上げて笑いをとったが、出番がジェイソンの次となったエハラマサヒロは「こんなんの後は嫌です。準決勝のときもジェイソンの後じゃないかだけをチェックしていたのに」と早くも嘆き節だった。

 そのほか、決勝にはやまもとまさみ、アジアン馬場園、ゆりやんレトリィバァが選ばれたほか、決勝当日生放送で発表される「復活ステージ」通過者3名を加えた12名がで争われる。4人ずつが3ブロックに分かれて各ブロックの勝者を選出し、勝ち上がった3人で賞金500万円を賭けた最終決戦を行う。

 決勝は2月10日、関西テレビ・フジテレビ系列で午後7時より生放送される。

オリコン

 - 国内エンタメ