山本耕史、堀北真希が結婚を決意した理由!プロポーズは?

      2015/08/26

山本耕史 堀北とは「交際0日」婚!40通の手紙攻撃実った

女優の堀北真希(26)と22日に結婚した俳優の山本耕史(38)が24日放送のフジテレビ「とくダネ!」にVTR出演。6年間の片思い、ゴールインへの道のりなどを明らかに。「まさか生きているうちに現実で(片思いが)実現した。やっと落ち着いて家で顔を見ているんだなという感じ」と新婚の心境を語った。

前日23日、笠井信輔アナウンサー(52)の直撃を受けた。

 2009年4月クールのフジテレビ「アタシんちの男子」で初共演。「すごい芯あるというか、据わっているというか」と好意を抱いた。以来6年間、ずっと片思いをしていたが、今年5月の舞台「嵐が丘」(東京・日生劇場)で共演。恋人役を演じた。

 6年前に教えてくれた連絡先は事務所の番号だった。今回の稽古の後半、約40通の手紙を渡し続ける猛アタック。「きょうの調子はいかがですか?」などと、堀北を思いやる言葉をつづった。しかし、返事は1通もなかった。千秋楽でも連絡先を教えてもらえず「せめてオレの番号を教えさせてくれ、もう一度と」。これで「これで、あぁ、終わるんだな」と思ったというが、その夜、LINEに着信があった。「最初は乗っ取り、なりすましだと思った。ちょっと探りましたもんね」というほどだった。

 「交際じゃなくて、もう、結婚しましょうと言いました。彼女にとって結婚が今のタイミングで、とっても大きなものだったらしく、そこに(僕の思いが)刺さったようで。交際していないですよね、ある意味」と語り、笠井アナも「交際期間ゼロですよ」と応じた。

最後にひと押しに悩んでいた山本。ある日、堀北が京都入りするのを聞き「勘で新幹線を取ったんです。これで(堀北が)乗っていたら、奇跡というか、運命というか」。思いの詰まった指輪を手に、当てずっぽうで新幹線に飛び乗った。「そうしたら?乗っていたんです」と奇跡のエピソードを披露。笠井アナも思わず「おめでとう」と山本と握手した。

堀北真希が結婚を決意した理由 仲良しメイサの電撃婚で心境変化

女優の堀北真希(26)が俳優の山本耕史(38)と22日、結婚した。以前から知り合いだったが、今年5月の舞台共演をきっかけに恋人関係に発展。関係者によると6月から交際を始め、今月初めから同居生活を始めている。挙式、披露宴は行わない予定。堀北は妊娠しておらず、仕事を続ける。

 堀北はこれまで男性との噂が報じられることのなかった“スキャンダル処女”。真面目で家庭的な性格で料理も得意。清純派の国民的人気女優が、この時期に結婚を決意した理由は何だったのか?

 所属事務所はデビュー12年で朝ドラ主演、紅白司会、大河出演など貢献度の高さなどから反対できなかったもようだ。12年には同じ事務所で同い年と、仲の良い黒木メイサ(27)が赤西仁(31)と電撃婚。関係者は「堀北さんも“この人”という人ができたら、結婚しようと思ったのでは」と話した。メイサの産休中も仕事にまい進。精神的に追い込まれた様子を、周囲に見せることもあった。

 山本との交際のきっかけは今年5月、恋人を演じた舞台「嵐が丘」(東京・日生劇場)。堀北は同舞台の会見で「今の時代だったら女性もバリバリ働けるので、好きな人と結婚したい。激しいより穏やかな方がいい」と話していた。この頃には、会見場の外で仕事する報道陣に近づき、あいさつするような変化もあった。山本が精神面にゆとりをもたらしたのかもしれない。

隠れモテ男の山本耕史“共演者キラー”の素顔

俳優の山本耕史(38)が女優の堀北真希(26)と22日、結婚した。以前から知り合いだったが、今年5月の舞台共演をきっかけに恋人関係に発展。関係者によると6月から交際を始め、今月初めから同居生活を始めている。挙式、披露宴は行わない予定。

 芸能界でモテ男といえば俳優の小栗旬(32)やDA PUMPのISSA(36)らが有名だが、山本も隠れたプレーボーイ。共演女優らと次々に噂になった“共演者キラー”だ。

 関係者によると「気に入った人とはとことん付き合う性格。若い女性に対してはお兄さん的な感じでモテる」という。ただここ数年は恋人はいなかったといい「結婚するとは思わなかった」と周囲も驚いている。

 ◆山本 耕史(やまもと・こうじ)1976年(昭51)10月31日、東京都生まれの38歳。87年に日本初演だった「レ・ミゼラブル」で舞台デビュー。93年にドラマ「ひとつ屋根の下」への出演で認知度が一気に上がる。04年のNHK大河ドラマ「新選組!」では土方歳三役に抜てきされる。07年のドラマ「華麗なる一族」では、木村拓哉演じる万俵鉄平の弟・銀平を演じた。音楽活動にも熱心で、インディーズでCDもリリースしている。

スポニチアネックス

山本耕史、堀北真希と交際せずにいきなりプロポーズ

女優堀北真希(26)との電撃婚を発表した俳優山本耕史(38)が、プロポーズした際の仰天エピソードを明かした。

 山本は24日放送のフジテレビ系「とくダネ!」にVTR出演し、堀北との馴れ初めについて明かした。

 出会いは6年前に共演したドラマで、山本は12歳年下の堀北の芯がしっかりしているところに好意を抱き、連絡先を訊くなどアプローチ。さらにその後にもドラマで共演することがあったが、交際には発展しなかった。

 それが今年5月の舞台「嵐が丘」での共演を機に一気に進展。山本は稽古の期間に堀北へ約40通もの手紙を送り、その返事こそなかったが、千秋楽を迎えて渡した連絡先に、メッセージが届いたという。脈アリと見た山本だが、しかしなかなか直接会うことはできず。そこで堀北が京都へ向かうという情報を得たとき、勘で新幹線のチケットを取ったという。

 「これで乗っていたら、まあ奇跡というか運命というか」と、賭けの行動だったが、なんと大当たり。予め用意しておいた指輪を堀北に渡し、いきなりプロポーズしたという。「交際してないですよね、ある意味」とまさに“電撃婚”だったことを明かした。

日刊スポーツ

共演者キラー?山本耕史の元カノたち!過去の恋愛・彼女

この顔必ずみんな見たことあると思います
豪華すぎる!?山本耕史の元カノたち!

松たか子と交際していた山本耕史

2003年に舞台での共演をきっかけに交際がスタートしたようで、山本さんのマンションから出てくる松たか子さんの写真が報道され、話題になりました。

牧瀬里穂と交際していた?山本耕史

2005年に舞台「ロミオとジュリエット」で共演して、熱愛の噂がありました。

上原多香子と交際していた?山本耕史

ミュージカルで共演した2人は、2006年にダーツバーで親密に話している様子を週刊誌で報道されました
佐藤江梨子とも交際していた?山本耕史

佐藤江梨子とも交際していた?山本耕史

2007年に「恋に落ちたら」で共演後、度々デートする姿が目撃され、報道されました。

スザンヌと交際していた山本耕史

2008年に、2人はお泊りデートをスクープされ、山本耕史さん本人も交際を認めていましたがその後、破局したようです

中越典子とも熱愛の噂があった山本耕史

2009年の映画「陽炎の辻」で共演後、ダイニングバーで親密に話している様子を週刊誌に報道されました。
共演者キラー!?元カノに共通してるのが共演者?

キングオブ共演者キラーの異名を持つといわれる山本耕史

たしかに、元カノのほとんどとの交際のきっかけは舞台やドラマでの共演ですね!

山本耕史結婚【直筆コメント全文】

山本耕史結婚【直筆コメント全文】

堀北真希結婚【直筆コメント全文】

堀北真希結婚【直筆コメント全文】

堀北真希 山本耕史とのキス「日ごとに情熱的になっていった」

日本中が驚いた、堀北真希(26)の突然の入籍報告。しかも、お相手はあの山本耕史(38)。これまで数々の美女と浮き名を流してきた名うての“モテ男”――。

 交際のきっかけとなったのは、5月の舞台『嵐が丘』での共演だった。舞台関係者が「いま思えば……」と、あるエピソードを明かしてくれた。

「稽古中のことでした。彼女の演技が、肩に力が入りすぎていて……。堀北さんも、どうすればいいかわからなくなっている感じでした。そこに“もうちょっと全体を見てやってみようよ”と、軽い感じでアドバイスしたのが山本くんだったんです。堀北さんはビックリしたような顔をしていましたが、それをきっかけに演技が全然変わりました。後で彼女に聞いたら、“こんな簡単なことでよかったんだと、目から鱗でした”と感動していましたよ。あれ以来、堀北さんが彼を見る目が明らかに変わりましたね」

 舞台の上で過酷な運命に翻弄される2人は、最後にキスをして抱き合う。

「2人とも死んで、並んで葬られるんですが、キスして抱き合う場面が日を追うごとに情熱的になって……。舞台上では結ばれない2人ですが、あのころ付き合い始めていたとしたら、お互いを想う感情はまさに本物。それはラブシーンにも力が入りますよね(笑)」

 彼女のまっしぐらな愛は、もう誰にも止められない――。

女性自身

堀北真希を落とした“共演者キラー”山本耕史の「女斬り伝説」

2人は6年前にドラマで初共演して以来、友人関係だったが、5月に共演した舞台「嵐が丘」がきっかけで交際に発展。8月上旬から都内で同居生活をスタートさせた“超スピード婚”だった。当然、デキ婚の可能性も浮上するが、堀北サイドは妊娠については否定している。

 2人の交際はまったくオープンになっておらず、“スキャンダル処女”で知られた堀北だけに、ファンからは悲鳴が上がっているが、「山本といえば今や芸能界きっての共演者キラー。これまで、ほとんど男性と交際経験のない堀北がハマって結婚に突っ走ったとしてもまったく不思議ではない」と、むしろ納得顔なのはさる演劇関係者だ。

 たしかに、その言葉通り、山本の女性遍歴は華麗の一言。過去には松たか子、牧瀬里穂、上原多香子、佐藤江梨子、中越典子、スザンヌなどなど……。名だたる美女をモノにしてきたプレーボーイだからだ。

「ほとんどが舞台の共演から交際に発展。子役時代から業界歴は長く、演技派の山本だけに、共演した女優が頼り切ってしまっているうちに感情移入し、気づいたら付き合っていたというケースがほとんど。しかも、ターゲットは女優だけでなく美人ならスタッフにも粉をかける。つまり、美人全員が標的なのです」(前出の演劇関係者)

 甘いマスクにもかかわらず、趣味が筋トレで体はバキバキ。テーブルマジックやギターが特技でバイク愛好家など女性にモテる要素はたっぷり。

 しかも――。

「モテるためなら手段は選びません。一発ギャグやモノマネの練習も欠かさず、合コンではわざと三枚目をアピール。オンナを落とす術を心得ている。ちなみに、氷室京介のモノマネは必見ですよ」(同)

 梅ちゃん先生がマジックや氷室のモノマネに手を叩いて喜んでいたと思うと悔しい限りだが、山本は世の男の大半を敵に回してしまった。

日刊ゲンダイ

 - 国内エンタメ