DAIGO ダイゴ 24時間テレビ 100キロ激走直前、北川景子が駆けつけ「お泊り激励」

   

割烹着姿の従業員に見送られながら、店から出てきたのは北川景子(29)とDAIGO(37)。北川はサングラスに、ノースリーブにショートパンツといった装いで、その右手は恋人の左手をギュッと握りしめていた。お揃いのサングラスをつけたDAIGOも、照れることなく、従業員たちとにこやかに挨拶を交わしていた――。

 8月22日・23日、DAIGOは『24時間テレビ38愛は地球を救う』で、100キロマラソンに挑戦し、見事完走した。

 本誌が彼と北川を目撃したのは、その3日前の8月19日の夜。当日のDAIGOは『24時間テレビ』の宣伝のため、朝から夕方まで日本テレビ系の情報番組やニュースに出ずっぱりだった。だが、彼は仕事を終えるやいなや、東京都内にある北川の自宅マンションに駆けつけ、それから2人で車に乗って、しゃぶしゃぶ・すき焼きの有名店に繰り出したのだ。北川の知人は言う。

「DAIGOさんは“中学3年生のときに12キロ走ったのが最後”と言っていましたが、100キロマラソンのランナーに指名され、プレッシャーに押しつぶされそうになることもあったそうです。しばしば弱気になる彼を『私と一緒に頑張ろうよ』と叱咤していたのが、北川さんだったのです」

北川景子 DAIGO 交際順調

ドラマ『探偵の探偵』に主演中の北川も、アクションシーンのためにトレーニングに励んでいたのだ。

 本誌が目撃した2人の“肉食の宴”は、DAIGOのマラソン挑戦の壮行会という意味もあったのだろう。1時間半ほどの食事の後、2人が乗った車は深夜に再び北川のマンションへと入っていった――。

 実は、マラソン本番前日の21日にも2人は一緒に過ごしていた。

「DAIGOさんが運転する車に、北川さんが乗っていました。デートから帰ってきたところだったのでしょうか」(北川が住むマンションの住人)

“KTH(景子の ために 走りぬく)”、そんな誓いがあったかはさだかではないが、DAIGOのマラソン挑戦が2人の愛を深めたのは間違いない。

交際は順調?DAIGO 北川景子のため「40%OFFセール」のルブタン物色

《24時間テレビまであとちょうど一カ月! もう一カ月しかない!》

 7月22日、こんなツイートを書き込んだのはタレントのDAIGO(37)。8月22日・23日に放映予定の『24時間テレビ』ではチャリティマラソンランナーを務める。プレッシャーに耐えながら連日トレーニングに励んでいる彼が、東京・青山で目撃されたのは7月上旬のことだった。

「サングラスやマスクといった変装もしていなくて、服装も全身黒で統一したロックテイストだったので、店内でも目立っていましたね」(居合わせた芸能関係者)

 DAIGOが訪れていたのは、『クリスチャン・ルブタン』の旗艦店。レディーガガやアンジェリーナ・ジョリーも愛用している世界的人気ブランドだ。もともと彼のお目当ては、メンズのバッグだったようだが、それを包装してもらっている間に目をとめたのが『40%OFF』の文字だった。

「入り口付近にセール商品が並べてあって、DAIGOは婦人靴を熱心に見始めたんです」(前出・芸能関係者)

 ハイヒールを主力にしているルブタン。セール対象の商品も、正規価格は安くても8万円弱、平均すると10万円といったものばかり。少し考え込んでいた様子だったが、スマホを取り出すとおもむろに電話をかけ始めたのだった。

「あっ、オレオレ。いま青山のルブタンに……。そうそうサイズ、23センチ?……23はないね~」

 どうやらホットラインのお相手は恋人・北川景子(28)のよう。たしかに北川の靴のサイズも23センチだ。しかし23センチの品がないことを知って、ガッカリした様子。その後も、北川の好みなどを聞きながら粘っていたが、結局、肩を落として引き上げていった。

 現在、北川はドラマ『探偵の探偵』に主演中。DAIGOは《探偵の探偵第3話 このあとすぐ! 自分が出てるようなツイートしちゃう俺 笑》(7月23日付)とツイッターで懸命に宣伝している。
 
チャリティマラソンの特訓に、恋人の全力フォロー……。DAIGOの夏は激アツだ。

北川景子 DAIGOとの交際は順調?「ウィッシュ」ネタに笑顔【イベント】

北川景子(28)と本木雅弘(49)が都内で行われたトヨタの新車『アルファード』の発売記念イベントに出席。昨年11月に歌手・DAIGO(36)との交際を報じられて以来、はじめて公の場に姿を現した北川は、本木から交際ネタを連投されるも笑顔で対応。交際は順調に進んでいるようだ。

本木は、イベント序盤から北川の印象について「外見も美しいですが、恋する女性の内側から溢れる艶が漂っていましたね」とにやり。同席したマツコ・デラックス(42)も「もっくん、ぶっこむわね。関係者大丈夫?」と焦り顔だったが、北川は特に否定することもなく「ありがとうございます」と笑顔で対応した。

その後も、同車がリヤ部分に『ダブルウィッシュボーンサスペンション』を採用したことを受け、DAIGOの決めセリフでもある「ウィッシュ」の部分を強調しながら5回連呼するなど、自由奔放な本木に北川も大笑い。

囲み取材はなかったものの、退場する際に報道陣から「ダブルウィッシュとウィッシュどちらが好きですか?」と質問された北川は「どっちも好きです」と返答。結婚については「ありがとうございます」とだけ述べ、否定も肯定もしなかった。

女性自身

 - 国内エンタメ