志田未来と神木隆之介が熱愛!フライデー写真あり

   

レンズに向けた視線はあまりにもピュア。ついつい、応援して見守りたくなる2人なのだ。

かたや、女性は志田未来(22)。子役時代から’05年に『女王の教室』(日本テレビ系)で名を売り、「清純派AV嬢」など悪ふざけとしか思えない肩書が横行する昨今、正しい意味での「最後の清純派女優」として、若き男どもを悶えさせる売れっ子だ。

こなた、ピタリ寄り添う男性は神木隆之介(22)。『ハウルの動く城』などのジブリ映画で声優を務め、いまは主演映画『バクマン。』がバカ当たり中という中性的な俳優だ。

志田未来と神木隆之介

これまでスキャンダルとはまるで無縁の2人は、小雨そぼ降る11月18日の夜も東京・渋谷で逢っていた。パルコ劇場で公演中の舞台を終えた黒いキャップにジーンズ姿の志田は、いったん所属事務所の車に乗り込んで、ものの2分で下車。

宮下公園脇の歩道に立って何やら人待ちだ。差しているのはビニール傘だが、黒猫のイラストで縁取りされているところがニクい、カワイイ。
 
その2日後の20日夜。この日も舞台を終えた志田は、いったん自宅に戻ると、荷物を持ってタクシーで渋谷にカムバック。

さらに4日後。夜の渋谷には、またしても2人の姿が。真っ黒いパーカのフードをすっぽり被っても笑みを絶やさぬ神木と、マスクで顔を隠しつつ目をキラキラさせた志田は、冒頭のように本誌カメラに目を向けながらも、何度も見つめ合って件のマンション裏口に入っていった。

「2人は堀越学園高の同級生。仲がいいことはファンも事務所も知っていましたが、まさかひっそり愛を育んでいたとは」(芸能事務所職員)

フライデーには2人のツーショット写真も掲載されているが、ギョーカイ関係者もビックリの、さわやかすぎるカップル。

「オレは体が強くないから、部屋で一緒にくつろげる恋人がほしいな」

と公言する神木には、マンガもゲームも大好きな志田がベストなのだ。甘酸っぱい恋、いいもんですね。

フライデーより

神木隆之介&志田未来の熱愛、異例の祝福ムードに包まれる

俳優の神木隆之介(22)と女優の志田未来(22)の熱愛報道が、ネットユーザーの間で盛り上がりを見せている。スキャンダルとはほぼ無縁だったふたりだけに、近年の芸能界では異様な“祝福ムード”となっているようだ。

 ふたりの出逢いは、06年に放送されたテレビドラマ『探偵学園Q』(日本テレビ系)での共演とされる。それから9年越しの熱愛発覚という運びとなった。そもそもふたりは同じ堀越高等学校の同級生で、在学中から仲が良いと周囲からは知られていた。
「このまま入籍したっていいと思う」

 今回の熱愛報道に熱心な神木ファンは、

「神木くんが志田未来と熱愛は避けれなかった感あるけど認知したくない。嘘だと言って」
「事務所が否定したんだから付き合ってないんだよ!」

 と、人気芸能人だけに悲鳴をあげるような反応も一部にはあるが、

「アリエッティの二人だよね。爽やかすぎるね、応援したくなる!」
「志田未来ちゃんと神木隆之介くんとかお似合い過ぎて癒される。ひさしぶりに見守りたいカップル」
「神木くんと志田さんこのまま結婚したら、小学校の同級生同士が結婚する感じのむずがゆさがあってよい」
「このまま即入籍したっていいと思う。それくらい似合いすぎて」

 などと、近年では珍しいほどの祝福コメントがネットには書き込まれている。

「ここ最近誕生した話題の芸能人カップルといえば、年明けに結婚予定の片岡愛之助(43)と藤原紀香(44)。片岡の元交際相手だった熊切あさ美(35)との別れから物議を醸し、紀香の過剰な『熱愛アピール』も相まって、世間では異常なまでのバッシングにさらされています」(スポーツ紙デスク)

 他にも電撃婚した堀北真希(27)と山本耕史(39)、資産2000億円と言われるファッション通販サイト『ZOZOTOWN(ゾゾタウン)』創業者・前澤友作社長との交際が発覚した紗栄子(29)など、芸能人の熱愛には“炎上”が付きものとなっているが、神木と志田に関しては話が違うようだ。

「ふたりともこれまで熱愛どころか、目立ったスキャンダルも一切ないことで、双方ファンも『仕方ない』と納得してしまうのでしょう。特に神木は、休日は自宅に引きこもることを宣言していたり、1人で1日ずっとゲームセンターにいる姿をファンに目撃されており、まるで一般人と同じような言動も好印象を持たれているようです。ふたりが炎上しないのは、『芸能人らしくない芸能人カップル』だからと言えるでしょう」(前出のデスク)

 なお、双方の所属事務所は交際放送を否定しているが、ファンを含めて前向きに応援される非常に珍しいカップルというだけに、今後も明るく前向きな話題を振りまいてほしいものだ。

デイリーニュースオンライン

 - 国内エンタメ