喜多嶋舞が芸能界引退宣言!大沢樹生との間に生まれた子供は誰の子?

   

元夫で俳優の大沢樹生(46)との間に生まれた息子をめぐるDNA鑑定騒動の渦中にある女優・喜多嶋舞(43)が芸能界を引退することが7日、分かった。8日発売の雑誌「婦人公論」に独占告白しているもので「息子の母親は私一人しかおりません。潔く芸能界から身を引こうと思います」などと決意の胸中を吐露している。

 喜多嶋の所属事務所は本紙の取材に対し「夏ぐらいに本人から引退したいという申し出がありました。11月いっぱいで契約は切れています」と認めた。

 大沢が、2人の間に生まれた長男を相手に起こした「親子関係不在確認を求めた実子裁判」は、11月19日に大沢と息子の間には「親子関係なし」の判決が下されたばかり。インタビューは、基本的には判決が出る前の10月上旬に行われたという。喜多嶋は現在、日本で生活している。

同誌のインタビューで喜多嶋は「再鑑定を行い身の潔白を証明したいと思っています。でも、それは“今”ではありません。息子が成人し、社会人として独り立ちしたらです」などと語っている。

 また、沈黙してきた理由のひとつとして、離婚後も喜多嶋が大沢の借金の連帯保証人のままであることを挙げ「私が発した言葉の影響で大沢さんの仕事がなくなり、借金が返せなくなってしまったら、私まで被害にあうのですから」と告白。弁護士を通じて連帯保証人に関してやりとりした書面の写真も掲載されている。

 大沢の所属事務所は「裁判に関してコメントすることは控えさせていただきます」としている。

デイリースポーツ

喜多嶋舞ヌード

喜多嶋舞、芸能界引退を表明「残りの人生を母として妻として生きる」

女優の喜多嶋舞(43)が8日発売の女性誌「婦人公論」(12月22日・1月4日号)の独占取材に応じ、芸能界からの引退を表明した。元夫で俳優の大沢樹生(46)が喜多嶋との長男(18)に対し「親子関係不存在確認」を求めた裁判で、先月19日に「親子関係はない」との判決が出たことにも反論。「再鑑定で身の潔白を証明したい」とした。

喜多嶋は引退理由について「私が女優だから、息子や家族が世間の好奇な目にさらされてしまった」と説明した。「女優としての自分の人生にピリオドを打ち残りの人生を母として妻として生きていこうと決めた」と、長男のために芸能界を離れるとした。

 大沢と週刊誌上で繰り広げた長男の父親をめぐる“泥沼騒動”は、東京家裁の判決で一応の決着をみた。ただ喜多嶋は納得していない様子。判決について「とても驚きましたし、残念に感じています」と感想。裁判では、大沢が実施した長男のDNA鑑定で「父性確率0%」と出たことが大きく影響したが、「そのDNA鑑定の結果が真実ではないと、私自身がよく分かっています」と反論。「再鑑定を行い身の潔白を証明したい」と、なおも争う姿勢を見せた。再鑑定は「父親から実子ではないと裁判を起こされ混乱している息子が成人し、社会人として独り立ちすれば行うつもり」と、ある程度の冷却期間をおいてからとした。

 大沢がDNA鑑定を証拠として提出した後、自身がアクションを起こさなかった理由については「裁判所の指定した機関で再鑑定を行うよう命じられるものだと思っていた」とした。長男の親権が、喜多嶋→大沢→喜多嶋→喜多嶋の両親と二転三転したことには「アメリカの永住権を持つ両親に移せば息子も永住権が得られる。マスコミに追われることもない」と説明した。

 喜多嶋は、長男の父親が誰かという“謎”を残したまま、芸能界を去る。所属事務所は「年内いっぱいでの契約を更新はしない予定。(引退は)本人の考えで、夏ごろから考えていたようだ」と話している。

スポニチアネックス

喜多嶋舞が芸能界引退していた!裁判でけじめ、婦人公論報じる

元光GENJIの俳優、大沢樹生(46)の元妻で女優、喜多嶋舞(43)が11月末で芸能界を引退していたことが7日、分かった。8日発売の雑誌「婦人公論」で、大沢と長男(18)の親子関係がないとする“実子裁判”の判決への思いとともに告白している。

 先月19日の判決公判後、同誌で初めて口を開いた喜多嶋は、司法の判決について「残念に感じています」と吐露。

 2013年12月に出生騒動がボッ発してから約2年。喜多嶋には米国に住む長男と両親、07年に再婚した夫や小学2年になる長女(7)がおり、家族を守るため、「芸能界を引退することを決意しました」と宣言した。

 元所属事務所によると引退は先月末で、喜多嶋は「自分のプライベートなことで、家族を矢面に立たせてしまって申し訳ない」と申し入れてきたという。

 同誌では、大沢と再び対決姿勢をのぞかせている。大沢の主張だけで進められた裁判に不満を吐露し、判決理由にもなった“血縁関係0%”とするDNA鑑定については「こうなった以上、私は再鑑定を行い身の潔白を証明したい」と宣言。

 ただ、時期については「混乱している息子が成人し、社会人として独り立ちしたら」と説明。これまで再鑑定をしてこなかったのは、「息子をもう一度メディアの前に引っ張りだすのが耐えられなかったから」としている。

 最後は「今回の裁判でどんな判決が下されようと、息子の父親は大沢さんに間違いありません」とキッパリ。芸能活動に終止符を打っても、出生騒動の解決にはまだ時間がかかりそうだ。

喜多嶋舞(きたじま・まい)

 1972(昭和47)年8月11日生まれ、43歳。神奈川・茅ケ崎市出身。音楽プロデューサー、喜多嶋修氏(65)と女優、内藤洋子(65)の長女で、86年に富士フイルムのコンパクトカメラのCM出演で芸能界デビュー。88年にフジテレビ系「ときめきざかり」で女優デビューし、89年のNHK大河ドラマ「春日局」に出演。93年の映画「大江戸浮世風呂譚 卍舞」では主演を務めた。

サンケイスポーツ

 - 国内エンタメ