喜多嶋舞、芸能界を引退 息子の写真あり長男は「もう死にたい」と漏らす

   

元光GENJIの俳優・大沢樹生(46)との間にもうけた長男(18)の出生騒動の渦中にある女優の喜多嶋舞(43)が、11月いっぱいで芸能界を引退していたことが7日、分かった。長男や再婚して築いた現在の家庭を守るためという。8日発売の「婦人公論」のインタビューでは、引退について語っているほか、長男の父親は大沢と再反論。再鑑定を行う意向も明かした。

 2007年に一般男性と再婚し、7歳の長女がいる喜多嶋。今回の騒動が世間の注目を集め、身内を傷つけているのは、自身が女優として活動しているからだと考え、引退を決意したという。

 所属事務所によると、今年夏頃から引退を考えていたといい、11月いっぱいで契約が切れた。今後の仕事の予定はなく、一般女性として夫をサポートし、子育て中心の生活を送っていくことになる。所属事務所はコメントを控えた。

 11月19日の判決後もコメントを出さなかったが、「婦人公論」のインタビューで沈黙を破った。裁判では、婚姻から200日目に出生した長男は民法772条2項で親子関係が推定されず、DNA鑑定でも大沢が父親ではないという結果があることから、大沢の勝訴となったが、喜多嶋は「父親は大沢さんに間違いありません」と改めて反論。長男は「もう死にたい」と漏らすほどショックを受けているという。

 大沢と喜多嶋は96年6月に結婚。翌97年1月に長男を出産したが、性格の不一致を理由に05年9月に離婚した。大沢が長男を育てていたが、関係が悪くなり、喜多嶋が以前、酔った際に長男の父が別の男性だと話したことを思い出し、DNA鑑定を実施していた。喜多嶋は同誌に、身の潔白を証明するために、長男が成人し、独り立ちした際にDNAの再鑑定を行う意向を明かした。

 インタビューでは新事実も明らかにした。喜多嶋は大沢の親が購入した高級マンションの数千万円の負債の連帯保証人となっており、離婚する際の「(連帯保証人から)外す」という約束が、いまだに守られていないという。

 ◆喜多嶋 舞(きたじま・まい)1972年8月11日、神奈川県生まれ。43歳。元女優・内藤洋子と音楽家・喜多嶋修との間に生まれ、2歳で渡米。米ロサンゼルスで育つ。86年にカメラのCMでモデルとして芸能界デビュー。88年、フジテレビ系「ときめきざかり」の主演で女優デビュー。97年には初ヌードを披露して話題を呼んだ「GONIN2」で日本映画プロフェッショナル大賞を受賞した。

スポーツ報知

大沢樹生、喜多嶋舞 子供の名前は零次(れいじ)君、写真・画像

大沢樹生 長男写真

大沢樹生 子供画像

長男の名前は零次(れいじ)。感音性難聴(生活音も人の声も同じように聞こえる=人の声が聞き取りにくい)という障害をもつ。

2007年には、写真集の仕事で知り合った男性と再婚、同年10月の『婦人公論』誌上で妊娠を公表した。翌年1月24日、喜多嶋は女児を出産した。

大沢との間に誕生した息子の親権は当初喜多嶋にあったが、2007年4月に大沢に移った。しかし2013年に、DNA鑑定により息子と大沢との間に血縁がないことが明らかになる。その後親権が喜多嶋に一旦戻ったが、喜多嶋が拒否したために息子はアメリカにいる喜多嶋の実母である内藤洋子の許で育てられることになった。

ニュースまとめもりーより

喜多嶋舞、芸能界引退宣言に猛バッシング! “母として”強調に「支離滅裂」「とことんクズ」

喜多嶋舞が、今月8日発売の「婦人公論」(中央公論新社)で「潔く芸能界から身を引こうと思います」と芸能界引退を独占告白したことが判明した。喜多嶋といえば、元夫・大沢樹生との間に生まれた息子をめぐる“実子騒動”で、先月19日に東京家裁から「(大沢と息子に)親子関係は存在しない」という判決が下り、世間から猛バッシングを浴びたばかりだ。

 引退理由について喜多嶋は、「息子や家族が世間の好奇な目にさらされてしまった」とした上で、「(女優としての)人生にピリオドを打ち残りの人生を母として妻として生きていこうと決めた」と語っている。1人の母親として再スタートを切るのであれば、応援の声も上がりそうなものだが……。

「そもそもの始まりは、2013年暮れに一部で『大沢と息子が親子関係である確率は0%』と報道されたことでした。明けた1月、大沢は会見に臨み、DNA鑑定によって“実父の可能性0”という結果が出たことは正しいと、涙ながらに告白しました。しかし喜多嶋は女性週刊誌で『父親は大沢さんです』と断言し、反論。果たしてどちらの言い分が正しいのか、マスコミのみならず多くの人が注目していました」(芸能ライター)

喜多嶋舞ヌード

 そして、発端から2年を迎えようとしていた今年11月、裁判によって大沢と息子に「親子関係なし」となったことで、喜多嶋に非難が集中した。

「さらにこの状況下で、『母親として……』を理由に芸能界引退ということで、ネットでは『逃げたな』『息子との関係をめちゃくちゃにしたくせに、“母親”とかよく言えるね』『とことんクズ』『言ってることが支離滅裂』など、喜多嶋を批判する声が相次いでいます」(同)

 引退を明かした喜多嶋だが、いまだ「そのDNA鑑定の結果が真実ではないと、私自身がよく分かっています」と同誌で語り、DNAの再鑑定を望んでいるという。鑑定が覆ることなどあるのだろうか?

「8日放送の朝の情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)に出演した医師の吉田たかし氏が『(DNA鑑定には)正式なガイドラインはない』と語りました。さらに、一般業者が鑑定を行うケースが多いらしく、その中には取り扱いが雑な業者がいることも示唆しています。よって、『鑑定結果が変わることもある』とのこと。ただ、視聴者からは『なぜ喜多嶋をかばおうとするのか』『裁判で決着ついてるし、往生際悪すぎ』『息子がかわいそうだから、もうやめろ』『たとえ結果が変わったところで、誰も信じない』といった声が上がり、喜多嶋バッシングはやみそうにありません」(同)

 また、大沢の親が購入した高級マンションの連帯保証人となっているという喜多嶋だが、離婚する際に交わした「(連帯保証人から)外す」という約束が守られていないとも同誌で告白。どうやら引退後もたびたびバッシングを巻き起こしそうだ。

※画像は『女優・喜多嶋舞 愛/舞裸舞 映画「人が人を愛することのどうしようもなさ」より』/東映ビデオ

サイゾーウーマン

 - 国内エンタメ