動画あり:古舘伊知郎「報道ステーション」降板の本当の理由・原因

   

【テレビ】古舘伊知郎キャスター「報ステ」降板正式発表 テレ朝慰留も「新しいジャンルに挑戦を」

テレビ朝日は24日、「報道ステーション」(月~金曜後9・54)の古舘伊知郎キャスター(61)が
来年3月31日の放送をもって降板することを発表した。

同キャスターから「現在の契約が終了する来年3月いっぱいで出演を終了したい」と申し入れがあり、テレビ朝日側は契約更新を打診して慰留したが、最終的には「新しいジャンルに挑戦したい」という本人の意思を尊重したという。

番組は来年4月以降も継続。古舘氏の後任など出演者については現在調整中だという。テレビ朝日広報部は「日々の必死の努力と真摯な研さんから生まれる、的確で歯切れのいいアンカーマンぶりで、12年間の多大な功労に心から感謝いたします」とコメントしている。

古舘キャスターは2004年4月、「ニュースステーション」の後番組としてスタートした同番組のメーンキャスターを務め、12年間に渡ってテレビ朝日の“夜の顔”を務めた。同局によると、今月23日時点での放送回数は2960回。平均視聴率は13・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とプライムタイムの激戦区で長年に渡って好視聴率をキープした。

今年3月の放送では、コメンテーターとして出演した元経済産業省官僚の古賀茂明氏が自身の降板に関し「官邸の皆さんからバッシングを受けてきた」と発言。後日、古舘キャスターが「テレビ朝日としても(発言を)防げなかったことを、重ねておわびしなければいけません」と謝罪し、自民党が同局幹部に事情聴取する騒動もあった。

古舘伊知郎「報道ステーション」降板の本当の理由・原因

自民党が17日、テレビ朝日とNHKの経営幹部を呼んで、個別番組の問題について異例の事情聴取をした。特に自民は、コメンテーターが菅義偉官房長官を名指しで批判したテレ朝の「報道ステーション」に照準を合わせる。国はテレビ局に対し、許認可や行政指導の権限を持つだけに、政権を握る自民のこうした対応が、報道の萎縮につながるおそれがある。

自民がテレ朝・NHK幹部聴取 BPO申し立て検討も

■党内からも「圧力」懸念の声
「二つの案件とも真実が曲げられて放送された疑いがある」。17日、自民党本部で開かれた党情報通信戦略調査会。国会議員やテレ朝とNHKの幹部を前に、調査会長の川崎二郎・元厚生労働相は語った。

一つは、テレ朝の「報道ステーション」でコメンテーターが菅氏を名指しし、「官邸のみなさんにはものすごいバッシングを受けてきました」などと発言した件。もう一つは、NHK「クローズアップ現代」で「やらせ」が指摘されている問題だ。

自民の狙いはテレ朝の「報ステ」だ。この日の事情聴取は、テレ朝の約30分に対し、NHKは15分。調査会幹部の一人は「NHKはどうでもいい。狙いはテレ朝だ」と話す。

複数の調査会メンバーは、党がテレ朝だけに政治的な圧力をかけたと思われないよう、「やらせ」問題を抱えたNHKも一緒に呼ぶことにしたと明かす。

古舘伊知郎「報道ステーション」降板の本当の理由・原因

安全保障関連法案の報道を巡り、テレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜・後9時54分)のスポンサーを9月いっぱいで降板すると自身の短文投稿サイト、ツイッターで宣言した美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長(70)が23日、スポーツ報知の取材に応じた。

同院長が今回の降板問題でメディアに真意を明かしたのは初めて。降板に至った経緯を「片方だけの意見を取り上げて多数派のように伝える偏った報道姿勢に失望した」と語った。

今月16日、高須氏は安保法案成立直前の「報道ステーション」を見た直後に「失望しました。スポンサーやめます」とツイート。突然の降板宣言は反響を呼び、現在まで1万7000件近いリツイートを重ねている。

「たまたま見てみたら、安保法案についての報道が偏りすぎていた。左の意見があれば右の意見も入れるべきなんです。あまりに都合がいい報道姿勢に失望し、気分が悪くなったのでスポンサーを降りることにしたんです。ささやかな抵抗です。ただそれだけ。何の仕掛けもない話です」

同日の番組では、安保法案の反対デモを行う学生団体の活動を大々的に取り上げる一方で、賛成派の声は反映されていなかったと高須氏は指摘する。

報道ステーション後任は宮根誠司?

フリーアナウンサーの宮根誠司(52)が24日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に出演。この日、テレビ朝日「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスター(61)が来年3月末で降板すると発表されたことを受け、同アナらしい“ネタ”で反応した。

番組冒頭で宮根アナは開口一番「こんにちは。12月24日木曜日、報道ステーションです」とタイトルコールを間違えてあいさつ。

その後、「あっ、間違えちゃった」と両手で口を押さえる仕草を見せると、同じくMCを務める読売テレビの林マオアナウンサー(31)からすかさず「もしかして…。宮根さん、大丈夫ですか?もう、その気!?」などと突っ込みが入った。

ニュースまとめもりーより

動画あり:報道ステーション 古賀茂明氏が暴走する放送事故

動画あり:報道ステーションで古舘伊知郎と古賀茂明の3.27降板事件

 - 国内エンタメ