ベッキー仕事激減か、汚れたベッキー裏で不倫三枚…妻との離婚を催促の生々しいLINE

   

1月7日、タレント・ベッキーとロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の不倫を、各メディアが一斉に報じた。

各メディアの報道を総合すると、ベッキーと川谷は昨年10月頃から親交を深め、今年の元日には川谷の故郷である長崎県の実家を2人で訪れたという。さらに、ベッキーは川谷が既婚者であることをすでに知っており、川谷の離婚話を2人がLINEでやり取りする生々しい内容まで報じられている。

 報道前日の6日夜にベッキーは会見を開いて謝罪したが、「お付き合いということはなく、友人関係」と不倫を否定し、質疑応答なしの一方的なものに終わった。

 元気で明るいキャラクターが持ち味のベッキーは、「口から出る言葉は、ハッピーな響きのほうがいい」「場所にも空間にも、感謝の気持ちを」など、ポジティブな発言が多いことで知られ、タレントの人気を表す「テレビタレントイメージ調査」(ビデオリサーチ調べ)の女性部門で1位になったこともある好感度タレントの代表格だ。

 さらに、これまで恋愛沙汰が皆無だったことから、“スキャンダル処女”としても知られていただけに、降って湧いたような今回の不倫騒動は世間の衝撃を倍加させている。テレビ局関係者が語る。

「バラエティ番組のレギュラー10本を抱えるベッキーは、頭の回転が良く機転が利くため現場スタッフからの評判も良く、重宝されています。しかし、時に『キレイ事ばかり』といわれるほど清廉な発言が多かったことから、これまでのイメージを台無しにするような“不倫略奪愛”は相当な痛手となるでしょう。

 報道によると、ベッキーは川谷に離婚を促すような発言もしており、今後は、何を言っても視聴者から“不倫女”という目で見られてしまうため、制作サイドもこれまでのように積極的には起用しづらいのが本音でしょう」

●タレント生命の危機?

 ベッキーは、CM契約10社を誇る“CM女王”としても知られているが、企業イメージを一身に背負うCM出演中の不祥事やスキャンダルは、タレントにとって“御法度”だ。

「これまで浮いた話とは無縁だったベッキーですが、今年で32歳ですから、さすがに恋愛すること自体は許容範囲だと思います。しかし、今回のような既婚者とのスキャンダルは致命傷といわざるを得ません。

 自分に求められていることをよくわきまえているベッキーは、自身のパブリックイメージについても自覚していたはず。それだけに、最初から妻帯者と知っていれば、自身にしっかりと歯止めをかけ、交際に至るまで深入りしなかったのではないでしょうか。ベッキーが『ゲス』のファンであることは有名だったため、独身を装って近づいたのであれば、川谷の責任は重いといえるでしょう。

 いずれにせよ、ベッキーはこれまでのような優等生キャラを貫くのは難しいでしょうから、今後の活動に大きな支障が出ることは必至。これまでのイメージとのギャップを考えると、『タレント生命の危機』と言っていいでしょう」(芸能事務所関係者)

正月気分を吹き飛ばすようなこの騒動に、一般の人々はどんな反応を見せたのだろうか。以下は、その一部だ。

「これまでのイメージを覆すような報道に驚きました。独身だと思って付き合い始めたのだとしたらかわいそうだし、奥さんがいることを知らされた時のショックは想像すらできませんが、もうこれまでのようなポジティブ発言はできないでしょうね。何を聞いてもしらけてしまいますから」(20代女性)

「会見では不倫を否定していたが、さすがに無理がある。LINEに残されたホテルでの自撮りなどは、どう説明するのだろう。どんな経緯だったにせよ、川谷の奥さんの心中を察する」(30代男性)

「もうテレビで見ても笑えないですよね」(20代男性)

 ベッキーは1月1日のブログで「人生ですから、悲しいこともあるかもしれませんが、それも抱きしめていきます」と意味深な発言をしているが、その前途は多難のようだ。

Business Journalより

ベッキー「不倫LINE」漏洩の状況証拠 川谷は古いアプリを使っていた?

■不倫疑惑の「決定的な証拠」

 今回、「決定的な証拠」とされたのはLINEでのやり取りだ。一報を伝えた2016年1月7日発売の「週刊文春」によると、本名の「レベッカ・英里・レイボーン」をもじったと思われるユーザー名「Eriyan」ことベッキーさんが、川谷さんにこう語りかける。

  「素敵なイブとクリスマスをありがとう。(ディズニー)シーに連れて行ってくれたり 色々ごちそうしてくれたり オシャレなプレゼントくれたり 幸せだった。一緒に居られるだけで、ただただ幸せだった」

 これに川谷さんは「幸せだった」と返している。2人は「エリちゃん」「けんちゃん」(編注:川谷さんの本名が健太)と呼び合い、行間から親密さを漂わせている。

 川谷さんには、インディーズ時代からバンドを支えてきた妻がいた。2人が急接近する一方、妻との仲は冷え込んでいったようで「大切にしたい人がいるって(妻に)言った」と離婚話を切り出した様子まで明かしている。

 そして離婚を「卒論」に例えながら、ベッキーさんに「ちゃんと卒論書くから待ってて欲しいな」と告白。ベッキーさんも「卒論提出できたら、けんちゃんにいっぱいワガママ聞いてもらおっとー!」と「待つ」旨を伝えている。
川谷とかなり近しい人物の可能性

 このように2人の関係を詳しく明かしたLINEトークだが、どのような経緯で他人の手に渡ったのか。

 誌面に掲載されたトーク画面のスクリーンショットを見ると、いずれも「Eriyan」のユーザー名しか表示されていない。自分のトーク画面には自分のユーザー名が表示されないため、情報は「川谷さん側」から提供されたものと見られる。

 また、相手のアイコンが四角かつ相手のユーザー名も表示されていることから、川谷さんが最新版でないアップデート前のアプリを使っていた可能性も考えられる(編注:現在アイコンは丸く、1対1のトークであれば相手のユーザー名は表示されない)。

 いずれにせよ、情報提供者は川谷さんとかなり近しい関係の人物だと推察できる。ただ、どうやってトーク内容を閲覧できたのか。仮に閲覧できたとしても、どうやってスクリーンショットを他の端末に送信できたのか。そうした謎は消えない。ちなみに、誌面では「(情報提供者は)川谷の将来を憂うある音楽関係者」とされている。

 複数ユーザーが参加する「グループチャット」という機能を除けば、原則1対1のコミュニケーションとなるLINE。しかし、これを「証拠」とするスキャンダル報道は増え続けている。

 14年には写真週刊誌「FRIDAY」が、元女子プロレスラーでタレントのジャガー横田さんの夫で医師の木下博勝さんの浮気疑惑を、15年には「文春」が武藤貴也衆院議員の資金トラブル、未成年男性の「買春」を報じた。

J-CASTニュース

リークは川谷の妻からか?ベッキーと川谷絵音のLINEのやりとり

ベッキー LINE

ベッキー LINE

 - 国内エンタメ