ワン・ダイレクション解散へ!解散理由とは?

   

英人気ボーイ・バンド「ワン・ダイレクション」が解散すると、同バンドに近い情報筋が米USウィークリー誌最新号に明かした。同バンドは昨年8月、今年3月から少なくとも1年間は活動を休止すると発表していた。

 昨年11月にも解散の噂が報じられたが、ナイル・ホーラン(22)が米情報番組エンターテインメント・トゥナイトのインタビューで否定し、「解散はしない。友人や家族に会ったり、過去数年間でやって来たことを振り返る時間を作っているだけ」と語っていた。

 情報筋によると、昨年3月にゼイン・マリクが脱退している同バンドは、昨年10月にツアーを終了した後、レコード契約を更新しないことを決めたという。「1Dの解散は単なる自然な流れ。メンバー同士は友人同士のままだが、彼らは疲れ切っていて、ソロ活動したがっている」と話している。

 さらに、ある関係者によると、リアム・ペイン(22)はソングライティングや制作に関心を持っているという。ハリー・スタイルズ(21)はソロ歌手としてのキャリアだけでなく、俳優デビューに向けて動き出している。ルイ・トムリンソン(24)は今年、ブリアナ・ジャングワースさんとの間に赤ちゃんが誕生予定であることが明らかになっており、しばらくは子育てで忙しいようだ。ファンへの最後の贈り物は、昨年11月発売されたアルバム「Made in the A.M」からリリースする新曲のミュージックビデオになりそうだ。

 2011年にデビューした同バンドは2014年に4枚目のアルバム「Four」をリリース後、米国の音楽チャート「ビルボード200」史上、デビュー後に発表した4枚のアルバムが連続で1位になった初のバンドとなるなど、世界的に爆発的な人気を誇っていた。

日刊スポーツ

迷走ゼイン・マリク「ワン・ダイレクションのメンバーから連絡がもらえない」

ゼイン・マリク曰く、ワン・ダイレクションを脱退した当初は「何があってもメンバーと友だちでいようと思っていた」そう。でもゼイン曰く「電話番号を変えてしまった人もいるし、電話をくれなくなった人もたくさんいる。そのうち何人かには僕から電話をしたけれど返事もない。プライドの問題かもしれないけれど、時間をかけて乗り越えなくてはいけない」とコメント、メンバーの方から彼との関係を断ち切ったと語ったそう。

ショッキングな事実に気分が重くなったところで、ゼインは明るい話題も提供。ジジ・ハディッドとの交際が報じているけれど、好みの女性について語ったそう。「あるべき部分はちゃんとある子がいい。ボリューム感のある子が好きなんだ」と体型についてコメント、さらに「僕は知的な会話も楽しむタイプ。だから髪型やメイク以上のことについてちゃんと話せる子、政治や世界についてちゃんと語れる子が好きなんだ」と語ったそう。

このコメントを聞いて思い浮かべてしまうのはやはり元婚約者のペリー・エドワーズ。新聞「ミラー」紙は元婚約者ペリー・エドワーズが“ちゃんと話せない”と言っているのか? と勘ぐっているよう。

元メンバーから元婚約者まで敵に回しかねない発言を連発しているゼイン。ジジと別れたら誰もいなくなっちゃう気がする……大丈夫?

ELLE ONLINE

 - 国内エンタメ