LINE全文の画像あり:ベッキー&川谷絵音の不倫、LINE内容を週刊文春に売った犯人とは

   

1月7日に各メディアで報じられた、タレント・ベッキーとロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の不倫騒動が波紋を呼んでいる。

2人は昨年10月頃から親交を深め、今年の元日には川谷の故郷である長崎県の実家を2人で訪れたという。また、川谷は昨夏に結婚しているが、2人が離婚届を「卒論」と呼び、ベッキーが離婚を促すような生々しいLINEの内容も報じられている。

ベッキー&川谷絵音の不倫LINEやりとり全文

ベッキー&川谷絵音の不倫LINEやりとり全文

それらのやり取りは、通常であれば2人しか知り得ないもののため、その流出経路をめぐってさまざまな臆測を呼んでおり、一部では「川谷の妻が、不倫の証拠として、なんらかの方法で流出させたのではないか」という見方もあるほどだ。

その真偽はさておき、配偶者や恋人の携帯電話などを盗み見る、さらにそれを公表するといった行為は、法的にどのような責任に問われる可能性があるのだろうか。弁護士法人ALG&Associatesの榎本啓祐弁護士は、以下のように解説する。

「配偶者や恋人の携帯電話の内容を盗み見る行為は、それのみでは、刑事上の責任を問われることはありません。しかし、不倫の根拠となるメールなどを公表する行為については、名誉毀損罪などが成立する可能性があります。

名誉毀損罪とは、『公然と』『事実を適示し』『人の名誉を毀損した者』に成立する犯罪です。ここでの『人の名誉を毀損』とは、人の社会的評価を低下させることをいいます。

不倫を示すメールを公表することは、人の社会的評価を低下させることになり得るため、『名誉を毀損した』といえます。『不倫は悪いことだから、それを正すために公表する』という正義感に燃えた考えもあるかもしれませんが、名誉を毀損したか否かは社会的評価を低下させたか否かによって判断されるため、『悪いことだからバラされても仕方ない』とはならないのです。

名誉毀損罪については3年以下の懲役もしくは禁錮、または50万円以下の罰金の刑が定められています」

●プライバシー侵害で損害賠償が発生するケースも

不倫という行為の是非はともかく、第三者が川谷とベッキーのLINEのやり取りを流出させたとしたら、2人は当該者を名誉毀損で訴えることもできるということだ。また、他人の携帯電話の内容を盗み見る、その内容を公表する行為には、民事上の責任が問われることもあるという。

「他人のプライバシーを侵害する行為になり得るため、これを行った者には民事上の違法性が認められ、損害賠償(慰謝料)の支払い義務が生じる可能性もあります」(榎本弁護士)

当たり前だが、どんな理由にせよ「パートナーの携帯電話などを盗み見る」「その内容を公表する」といった行為は、控えたほうがいいだろう。

ベッキー&川谷絵音の不倫「週刊文春全文」

ベッキー&川谷絵音の不倫、週刊文春全文

ベッキー&川谷絵音の不倫、週刊文春全文

ニュースまとめもりーより

そんな中、ゲス乙女・川谷絵音の妻が胸中を告白!川谷の妻とは?

タレントのベッキー(31)が人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(かわたにえのん・27)と交際中だった問題で、週刊文春の取材に対し、川谷の妻・A子さんが現在の心中を打ち明けた。

川谷はA子さんと2012年春頃から交際。昨年7月に入籍したが、結婚の事実は週刊文春の報道まで公表されてこなかった。

ベッキーは1月6日、急遽、謝罪会見を開き、足並みを揃えるように川谷も釈明ファクスを報道陣に送信。共に「友人関係」であると主張した。川谷はファクスのなかで結婚の事実を認めたが、この2日前、週刊文春が直撃した際には、結婚の事実を否定し、A子さんの名前を出すと、「名前は知っています。友達です」と説明していた。

ベッキーと川谷が今年正月、川谷の郷里である長崎へ極秘旅行をし、実家にも足を踏み入れていた事実も週刊文春が報じたが、それについてA子さんはこう話した。

「やはり私に黙ってお正月に2人で実家に行ったことが一番ショックでした。どんな気持ちで彼は家族にベッキーさんを会わせたのか。彼女はどんなつもりで彼のご両親に会ったのか。正直、今は何も考えられないし、考えたくありません」

ベッキーの会見の翌日以降、A子さんには川谷から電話やメールが入り、“卒論”(離婚届)の提出を催促してくるのだという。 

「一部スポーツ紙の報道では、2人は『もう二度と会わない』と周囲に約束したと報じられていますが、違います。実際には双方の事務所同士の話し合いで、『卒論を出すまでは会わせない』ということだけが決まっているのです。水面下では2人は連絡を取り合い、『卒論を出すまでくらいなら、会えなくても全然大丈夫』と励まし合っているのです」(音楽関係者)

現在、A子さんは食べ物もろくに受け付けないほどの健康状態で、横になってばかりいるという。

週刊文春

 - 国内エンタメ